未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

敗北力

投稿日:


10月4日のNY市場は大幅続落。

 

ボーイングの好決算を受けてダウは上昇してスタートしたものの、その後ハイテク株を中心に景気敏感株が下落幅を広げたことで608.01ドル安(-2.41%)と大幅に3日続落して終了。

 

また、S&P500も3.09%安と6日続落、NASDAQも4.43%安と大幅続落して、1日の下落率としては2011年8月以来、7年2カ月ぶりの大きさとなりました。

年初来ではダウ平均が0.55%安、S&P500が0.65%安とともにマイナス圏に転落し、NASDAQはは2.97%高なことも覚えておきたい所。

 

さて、昨日はTwitterでも言いましたように、昨晩のNY市場はリバウンドするのか、それとも続落するのかで、とても重要な節目だとしていましたが、

 

以下のチャートの通り、買い方にとって最悪の出目が出てしまいましたので、

 

本日は大引けまでに「おまる」によるPKOがないことを確認してからカットすることとなりました。

 

ただ、そうは言ってもアカウント消して逃走したり凹んでばかりいても何もなりませんので、

 

ここは己の敗北力を噛み締めながら予習、復習の意味で各チャートを見てみます。

 

 

 

ダウはとうとう200日線を明確に割ってしまいました、明確にです。

NYダウ日足チャート

 

 

NASDAQも同様で、明確に200日線を割ってフィニッシュ

NASDAQ日足チャート

 

日経も昨日に引き続き、ダメ押しで200日線を割った状態で下放れ

日経日足チャート

 

週足を見ても長く続いてきたサポートラインを明確に割って、あとはどこまで落ちるか?それだけのチャートになってます。

日経週足チャート

 

ではどこまで落ちるのか?を考えないといけなくなりましたが、

 

昨晩、ダウが1日の下落率としては2011年8月以来、7年2カ月ぶりの大きさとなるような下落を演じたので、

 

毎度のことですが、「おまる」や「クジラ」が火柱的に抵抗して、買い戻しと合わさって(本日限定ですが)バカみたいに戻る可能性もありますから、

 

一気にここからと言うわけにもいかないでしょうが、

 

現時点では、超簡単に言うと「20500円くらいまで」とか考えてしまうと思いますので、ざっくりとそこから1000円下の19500円くらいなのではと考えています。

 

昨日Twitterでも言いましたように、1ヶ月前から2525にこうなると(何故か当たってる)指摘していた方達は、

 

今月中ずっとそういった売りが出るので反発は無理だと言っていましたので、当たり屋につけではありませんが、

 

今月の残り営業日を考えても、20500くらいはすぐにいきそうだし、

 

20500が底と考えてる人が多いと思うし、そこから1000円は下にいくのが輩(ヤカラ)相場でありますから、

 

本日終わって結局火柱リバでもこないことを確認したら、今更スイングショートも出来ませんし、

 

19500円にくる可能性を考えて、大人しく待ってみようと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.