未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

2番底狙いにセイジャスティス

投稿日:


本日のNY市場は休場により、

東京時間はほぼ日経独自の要因での動きとなります。

ドル円は金曜日105円から106円に復帰して終えた事でもっと伸びるかと思いきや、上値がTOTEMO重い。

2525の相場観的に(底値ショートを焼く意味で)もっと仕掛けでもいいので一時的に火柱が上がると思ってましたが、

いやーなかなかしぶといですね、しつこい円高基調が続いています。

 

さて、肝心のNYダウは金曜日、先日の戻り高値を抜いたのですが、

(理由は色々あるにせよ)上髭となって、形だけを見れば、

ここから下落するなら最高の売り場となります。

相場には上昇、下降、揉み合い(地蔵)の3つがありますが、現状では揉み合いと下落の確率が非常に高いと思います。

2525は一連のNY市場の下落、そして戻りを見て、そのチャートの形を見てると、

どうしてもNYダウは暴落の第二ラウンドがある気がしてなりません。

個人的にですが、NYダウはダウが先日の安値を割ってくる確率は70%はあると考えています。

理由は色々あるのですが、過去にあれだけの(理由がよく分からない)暴落を演じた後というのは再度下落、

 

いわゆる「2番底」と言うやつですが、ただ最近の相場はAIやらアルゴリズムと言った人間ではなく、

感情を持たない投資主体が相場を動かしており、そう言った相場の定石を知ってる投資家ほどやられていて、

まさに将棋やチェスの世界で起きてる事が相場の世界でも起きている事を考えると、

素直に2番底をつけにくるのか、個人的にはかなり注目しています。

AIやらアルゴリズムが全盛となる前なら、現在の展開と言うのは、かなりの高確率で2番底を探りにくる展開ですからね。

※例外としては(9.11、北朝鮮のミサイル、湾岸戦争)と言った理由がハッキリしているものがあると言う事も覚えておきたいポイント。

と言うことで、本日はNY市場は休場、そして再び営業を再開しても続伸の確率は低く、

そして金曜日の展開のように上げても値幅はせまいと考えますので、

(実際の展開次第ですが)既存のショートポジションはそのままで、

(オーソドックスな2番底狙いで)逆に本日は3月限プットロングを仕込んでみたいと思います


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.