未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

再びスイングショートで勝負出来る環境に変化した件

投稿日:


昨晩のNY市場は上昇をしたものの、公表された7月開催のFOMC議事要旨を材料に買い上がる意思が全く感じられず、上値の重さを感じた相場展開となりました。

 

さて、本日の日経先物ですが、

公表された7月開催のFOMC議事要旨を材料にNY市場が買い上がる様子も見られませんし、FOMC議事要旨公開をキッカケに円高方向に再び向いているので、ここは素直に再びショートで勝負できる環境になってきました。

昨日言いましたように、昨日の日経平均の固さと言うのは「下落相場の時によく現れる現象」が出現しておきながら、下がガチガチと言うショート勢にとっては嫌な展開でした。

現在スイングショートを持っているからこそしませんでしたが、もし北朝動向がくすぶっておらず、ショートも持っていなかったらスイングロングをぶち込んでいる、そんなタイミングでもありました。

しかし相場とは難しいもので、FOMC議事要旨公開で今度は下向きにバイアスがかかってきてます。

2525の相場観的には昨日、FOMC議事要旨公開前にドル円、日経先物が上にいきそうな雰囲気、相場展開だったのにFOMC議事要旨公開後にガラッと変化してしまい、今度は上値の重さを感じざるを得ない状態になったと言うことは、

冒頭でも言いましたように、スイングショートで勝負できる環境が整ったと言うことになります。

しかし、2525が大事にしてる「奴ら(AI)のニヤニヤ感」が現在も全く感じられない事から、そんなに激しい下落は期待できない状態です。

いずれにせよ2525の相場観的にはスイングショートで勝負が出来る環境に再び戻ってきてますので、あまり期待はしませんが、円高からの日経の下落を待ってみます。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.