2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

来るべき「ジャッジメント・デイ」に備えよう

投稿日:

本日の日経は前場突然の上げから仲値付近から急落からの更に後場リバと、

いかにも天井付近的な乱高下で終わっています。

もうショートしかない理由~「利上げは間違っていた相場」まで後少し

 

 

本日の日経、ショートをしてる側としてはいい感じの乱高下を演じてくれました。

ここ最近の2525のブログ記事を見てもらうとお分かりだと思いますが、完全に下目線になっています。

本日前場でドテンしたショートが決まったかと思ったら(スイング的な意味で)後場日銀が来て(恐らく)適度にリバを演じてしまいました。

2525が思うトレンドの変わり目って本日のように日銀が来ても、

本当に今日きてたの?と言うくらいの感じでリバが一切ない、そんな展開だと思うんです。

しかし、本日後場リバをしてしまいましたので、

2525がいつも意識している「個人を舐め腐ったヘッジファンド」の本気度と言う意味では感じられませんでした。

彼らが本気であれば、本日十分チャンスだったはずですが、売り込んでこなかったので今晩の欧米市場での下げはあまり期待をしていません。

本日下攻めをもっと出来たのに下げなかった、この意味は2525の相場観的には大きいです。

しかし、全体での物事の進み方、変化の仕方、雰囲気の変わり方が2525の相場観的に天井を強く指し示していますから、

ここは己の相場観に従い、ショートを継続したいと思います。

また何度も言いますが、

今のNYダウが崩落するタイミングは、もう一度急騰した後か、FANG株が直近の安値を大きく割り込んできた時だと思います、

そして、ポイントはすぐ直後ではなく数日おいてから突然と言う事がミソとなると思いますから、

FANG株が直近の安値を大きく割り込んでもダウが動かないからと言って安心していると、

突然ダウが何かに反応したかのように下落を始めると思いますので注意が必要だと思います。

また、トランプ相場が始まってから皆さんから毎日のように「暴落だ」「ショートしかない」と言われ続けても一切考えをショートに振らなかった2525が今ショートをしています、

コアな2525マニアならそれがどんな意味を持つか分かり、ショートなしでは寝れない体になっていると思いますが、来るべきNY市場の「ジャッジメントデイ」は近いと思いますから体調を整えて待機しておきましょう。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 AllRights Reserved.