2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

NYダウ暴落の時期とは

投稿日:

本日の日経は軟調でした。

以下のブログ記事「3月利上げが織り込まれた後の動きとは」でも材料出尽くしで地蔵相場になると書いていましたが、

それ以上にジリ下げの嫌な感じの一日となりました。

 

Sponsored Link

 

現在、高値19600円辺りから約300円ほど下がってるのでしょうか、

BAR茂美に隠れていた皆さんから再度元気よくDMが届き出したのですが、

皆さん落ち着いて下さい、皆さん感じませんでしたか?

上値は確かに重いのですが、本日は結構下にもっと押せる雰囲気と条件だったのに、

肝心の場面で一発が降ってきません。

2525は今朝、裁定残の様子から「売り仕掛けはない」と断言していましたが、

やはり下げてはいるものの、個人を舐め腐ったおなじみのヘッジファンドはやはり、

そのパワーを使ってまでの売り仕掛けはしないようです。

彼らがSQに向けて19000円を割るような意思があるならば、

本日もう少し派手な売りが演出されてもよかったのですが、ありません。

何度も言いますが、上値は重くてもあえてポジションを蓮したり、

ドテンショートをブチ込むくらいの何か決定的な事があるかと言えば何もありませんし、

あえて言えばNYがずっと高値だから心配だなぁと言う誰でも思う事くらいです。

ですから、2525の方針としては、日経のトレンドは上と言うことに変更はありませんので、

このまま日経先物のポジションはSQ精算とする予定です。

ちなみにしつこくNYダウの暴落がそろそろと送って来られる方が後を絶たない訳ですが、

もう暴落暴落と言い続けて約3ヶ月が経過しようとしています。

これも何度も言いますが、皆さんご期待のNYダウの暴落はまだ先の話ですし、

近々に目の覚めるような暴落が起きるとか、そういうのは残念ながらありません。

まだまだもう一踏み、二踏みあると思います。

皆さんビビりすぎと言うか、心配しすぎなんですよ。

皆さんはロングを心配する方も多いと思いますが、2525は全く心配していません。

いや、本当に何をそんなに心配してるのか不思議になります。

だって最後はいつも2525WINなのに。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.