2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

皆さん安心して下さい、下げの本番はまだまだですよ。

投稿日:

2月13日の日経平均は続落、前場はNY市場の大幅高を好感して買いが優勢で、前場引けにかけて上げ幅を広げる強い上昇となりました。

しかし、「お昼の謎下げ」が発生すると後場はじりじりと値を消す展開になって簡単にマイナス圏に沈んだ後は下げ幅を3桁に広げ、ほぼ安値圏で終えています。

 

さて、ダウが9日(金曜日)と12日(月曜日)の2営業日で700ドル超も上昇したにもかかわらず、連休明けの日経は前場の大幅高を維持出来ないどころか、3桁下落で終えました。

一応金曜日、月曜日と世界的に戻りを試してる最中、東京市場が3桁の大幅高から一瞬で3桁の下げに転じてしまったと言うことは非常に印象が悪く、明日以降もヤバイ展開が控えてる事を示唆してると思います。

またここにきて2525が言ってた円高砲まで飛び出してきてます、どうも黒田日銀総裁の続投の話も若干雲行きが怪しくなってきてますし、(続投だとは思いますが)

以前から言ってますように個人を舐め腐ったヘッジファンドは確信を持って円高に仕掛けてきてます。

高確率でこの円高は初動だと思いますし、そういう背景も控えてる事から、彼らは全く日本株を買おうとしてないのがよく分かります。

そんな状況ではありますが、やはりまだ先日までのアホみたいな上昇相場の事が忘れられないのか、調教されてしまったのか、洗脳されてしまったのか分かりませんが、

本日の後場の下げで押し目買いを入れたイケメンが結構多くて、

個人的には「中銀の緩和バブル」が弾けてるのに、何を一体呑気に押し目買いとかしてんだと、怒りのゲンコツをそのお花畑の脳みそに入れたい気分。

2525の相場観的にはこの「最後に為替相場が動き出した」と言うのは色んな事情が絡み合って結果こうなってるものの、

この後に激しい結末(下落)が控えてると言う事をどうしても意識してしまいます。

要するに皆さんが考えてる以上に「最後に為替相場が動き出した」現在の状況は凄く危険だと2525は考えてるわけです。

まぁ朝のブログ記事にも書きましたように、今晩のダウが急落からの3日目で、

今晩落下して金曜日の下値でも割ろうものならエライものが見れるかもしれない相場展開を演じていますので、

個人的には本日が一番下落したら危ない日だと考えています。

とは言っても実際のNY市場の動き次第ですから、ここは押し目買いをせずにじっくりショートホールドで日経の殺落を待ちたいと思います。

何せ伝説の下げ相場の本震はまだ起こってませんから。。。。ゴクミ。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2018 All Rights Reserved.