2525の相場観

未来人の相場観に震えて眠れ

NASDAQが下げたりないと言っています、おどれには聞こえますか? 2525には聞こえた。

投稿日:

本日12月5日の日経は昨晩のNY市場の展開が警戒されたのか、ナイトセッションで売られたそのままの雰囲気でスタートしましたが、

25日線に接近した後は、またいつものように買いが急に入る展開となって値も戻し、

後場に入ってからは日銀でも来たのか、ジリジリとまた値を上げて行き、

日経はマイナスで終了したものの、TOPIXはプラスで引けています。

Sponsored Link

 

さて、昨晩半導体株に異変が起きて、ダウは何とか踏みとどまったものの、NASDAQ市場が再び崩れてしまいました。

朝にも言いましたように、昨晩のダウの上昇は「ロシアゲート」の誤報ネタショート踏み上げで起こったものと考えられますので、継続性はないと2525は考えています。

また、金曜日から言ってますように、ダウは既に燃料切れの可能性が大だと思います。

それは昨日のダウの展開を見ても分かるように、300ドル超打ち上げて大きく上髭を残して下に戻ってる、この事からも燃料切れを想像せずにはいられません。

ひとまず金曜日に半導体株もNASDAQもリバウンドで上げて、

月曜日には(好材料である)「税制改革」が通過してダウもアゲアゲだったにも関わらず、

半導体株とNASDAQは結構な下落を演じたと言う事は、まだまだ下げが足りないと言うことにほぼ間違いありません。

本日も引き続き、MSQを前に22750円どころを抜けきれなかったようですが、

これで、いつ23000円を抜けきれない事で(MSQで23000円超えを仕掛け的に狙ってた)ロングのブン投げが降ってくるのか分からなくなってきました。

それは今晩かも知れませんし、明日かも知れません。

ただ昨日のNASDAQ市場の展開を見て、日米共に今までのような勢いでアゲアゲを続けていくご予定が、

この相場を動かしてる投資主体様にはないんだろうな、と言う事は伝わってきました。

ここ最近の相場を動かしてる投資主体は意地悪ですから、25日線で反発したと思わせといて、

その晩のナイトセッションでワープで下抜けするとか過去の荒れた相場ではありましたし、脳内お花畑にならずに気をつけたい所ですね。



-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2017 All Rights Reserved.