未来人の相場観に震えて眠れ

2525の相場観

次なる北朝鮮の行動や株式相場を予想する

投稿日:


本日北朝鮮が核実験を実行、

今回は水爆実験と言うことで緊張が走っています。

 

さて、本題の北朝鮮動向を予想する前に、以下のように先日呟いていたオカルト130%の2525の呟きを思い出して下さい。

ちなみに本日香港に台風がやってきています。

正確には明日月曜日なんでしょうけど「8月か9月、香港に台風が来て(香港の)株式市場が休場となった日を境に非常に危ない」と言ってただけに、

明日を境に相場環境が急に悪くならないか心配になって来たのと同時に「2525は結婚出来ない」と言うのが本当になるのでは?と冷や汗が出て来る爽やかな日曜日となっています。

さて、そんなネタは横に置いといて、北朝鮮の動向と株式相場の行方ですが、

以下のように呟いたように「9月9日の北朝鮮の建国記念日」に向かって何をしてくるのか? 基本的にこれが焦点となってきました。

北朝鮮は世界がまだ無理だと言ってた「ICBMがある事」と「水爆を持ってる事」2つを世界に証明してきました。

残るは後一つ、「核弾頭の再突入技術」を証明するだけになり、これを実行すれば「核弾道ミサイルを持ってる」と言う意味になります。

と言うことは北朝鮮建国記念日前に「核弾頭の再突入技術」を証明するような事をして9月9日の北朝鮮建国記念日に「アメリカに対抗出来る核ミサイルを保有した」と宣言するか、

9月9日の北朝鮮建国記念日当日に「核弾頭の再突入技術」を証明するような事をして「アメリカに対抗出来る核ミサイルを保有した」と宣言するのかと言う想定をしておかないといけません。

※ちなみに「核弾頭の再突入技術」を証明するような事と言えば、グアムかハワイ方面に疑似核弾頭を付けた状態でミサイル発射実験をする事を意味します。

どちらにせよ、9月9日の北朝鮮建国記念日と言うのは重要な歴史的な変化日、世界のパワーバランスが変化した日になると思いますし、

まず間違いなく北朝鮮は北朝鮮建国記念日に「核保有国」というのをアピールする狙いがあると考えます。

金正恩はカダフィー大佐やフセインがあのような惨めな最後を迎えたのは「チャンスがあったのに核保有をしなかったから」と言う強い持論を持っており、

だから彼はここにきて畳み掛けるように「核兵器保有の証明」を急いで次々にやってるわけです。

彼は「核兵器」さえ保有していれば、アメリカは攻撃をしてこないと考えていますから。

それを考えると「核弾頭の再突入技術」の証明は待ったなしと考えた方がよいです。

一部に核実験をやったから出尽くしだとか言ってるイケメンを見かけますが、

アメリカが簡単に攻撃出来ないように、この3つの証明をすることが直近の彼の目標でありますから、

出尽くしどころか、まだ核兵器保有の証明の途中だと言う事を強く意識しないといけない場面で、

核弾頭の再突入技術」の証明の期日は間が開くと意味がありませんから、近日中に行うと考えないといけないと思います。

それを受けてアメリカがどんな行動に出るのか、核保有を認めるのか認めないのか、2525は認めないと考えますが、

そいう言うこと総合的に考えると、(そうならないと今は思いますが)月曜日にもし本当に出尽くしのような動きで東京市場が上げた時には、

9月9日に向けてロングのポジションを手仕舞うとか下落する事に対していつもより多めに保険をかけておくとか、そう言うポジションの工夫は欲しいと考えます。

そう言うこともあって暫くはロングポジションのスイングは例え結果的に上がったとしても取るべきではないトレードだと強く思います。

今は日経のEPSがどうだとか、PERがどうだとか言ってる場合じゃありません、目を覚まして行動をして下さい。

また、北朝鮮への石油の禁輸を早急に実行せよという意見もあると思いますが、そんな事をしたら太平洋戦争の時の日本と同様、

金正恩もどうせやられるなら(体制崩壊して)ミサイルをぶち込んでやると考えるのが彼の思想だと思いますので、

石油の禁輸と言う結果になれば、北朝鮮からの先制攻撃で開戦されると考えてた方がよいでしょう。

歴史は繰り返されると言うことですね、石油の禁輸は今更最悪の悪手だと思います。

だから2525としては石油の禁輸はしてほしくないのですが、アメリカの動向、安保理の動向に注意していきたいと思います。


-2525の相場観

Copyright© 2525の相場観 , 2019 All Rights Reserved.